美容師は「個」の時代に突入する!未来に向けて今やるべき3つのこと

フリーランス美容師

美容師としてサロンで働き将来は自分の店を持つ。この考えを否定するつもりはありませんが、今の時代この考えだけでは非常にリスクがあると言えます。

それもそのはずで、全国には24万店舗もの美容室が存在しあなたがどれだけ技術に優れていると言っても、美容室を作れば24万店舗の1つでしかなく、更に言えば、そこで雇用する美容師は果たして技術に優れている。という保証を未来永劫担保出来るのか?という問題もあります。

もちろん、未来のことなど誰にも分かりません。

しかしながら、未来がどのように変わっていくのかを考えることはできます。そう、今回は、これから美容師という存在が未来に向けてどのように変わっていくのか?そして、未来に向けて今やるべき3つのことをお伝えしたいと思います。

美容師の未来は「個」の時代になる

これまでの美容師はサロンに就職し来店されたお客様を接客しお給料をもらう。というのが一般的でした。要は、サロン側が集客・育成・仕入・管理を行なっており、あなたは接客をしていた。という分業制だった訳です。

普通の会社員と一緒ですね。

では、今、普通の会社員に何が起きているのか?国が推奨しているのは「副業」や「兼業」です。フリーランスという言葉も良く聞くようになりましたね。

なぜ、今さら副業なのか?と言えば、答えは簡単で、今勤めている企業がいつまで持つかなんて分からない。さらに年金も満足に支給できないかもしれない。なので、自分の蓄えは自分で作ってくれ!というのが国の本音で副業やフリーランスを推奨する理由なのです。

これは、美容師も一緒です。

あなたの勤めているサロンがいつ潰れてもおかしくないのです。もちろん、独立したとしても自分のサロンがいつ閉店するのか。と毎日ビクビクしながら経営することになるでしょう。

だからこそ、今求められるのは、個人で「集客」・「施述」・「顧客管理」までを完結できる「個」としての力です。サロンに雇われなくても稼ぐことが出来る。サロンを作るなら自己投資をする。このような考え方が必要になってきているのです。

なぜ個の時代になるのか?

今の時代、美容師でInstagramを使っていない。という人はもはや少数派になったのではないでしょうか?中にはTikTokやYouTubeなどを駆使して集客している人も存在します。

過去を振り返れば、消費者向けに情報を伝達する手段は、雑誌やテレビなど非常に限定的でした。個人を宣伝するなど全くもって無理。という感じです。

これがSNSの爆発的な普及により、誰もが簡単に情報を発信出来るようになったことは周知の事実でしょう。もはや、テレビや雑誌に頼らなくても宣伝ができる。更に言えば、サロンに勤務してなくても自分の名前を売ることが出来るようになったのです。

そもそも、美容師という職業は「あなただから切ってほしい」という感情が働く訳なので、どの業種よりも「個人」が活躍することに向いている職業と言えます。

しかしながら、サロンのネームバリューに頼ってしまい個人を売り出す美容師はまだまだ少数派なのが実情でしょう。逆に言えば、美容師個人で有名になる。という選択は、美容室を1つ作るよりも簡単な領域と言えます。

正社員美容師の安定なんて嘘しかない

フリーランス美容師。と聞くと正社員として働く美容師さんからよく言われるのが「不安定」ではないか?という話です。よく考えてください。今の美容室のどこが安定しているのですか?という点を。

朝から晩まで働いて給料は25万円〜30万円程度。当然、退職金なんてものもないですよね。40歳を超えても現場で接客しているイメージが沸きますか?イメージができない場合、あなたのためにオーナーは仕事を作ってくれるのですか?

それまでに独立を…??お金はどうするのですか?借金ですか?借金は安定している。と言えますか?お店が潰れたらどうするのですか?などなど、はっきり言えば、正社員でも美容師はまったく安定なんてしません!という話です。

とりあえず、今は最低限の給料が出るので…みたいな弱気なことを言っていれば、これからスマホネイティブの若い美容師に取って喰われること間違いなしでしょう。

新規開業にコストを使うなら自己投資に使うべき

堅実な美容師は今のウチから将来の独立に向けてコツコツと貯金していることだと思います。でも、ちょっと待ってください。先ほどお伝えしたようにこれからは「個」の時代になります。

数千万円のサロンを用意したところで、あなた個人に魅力がなければお店はあっという間に潰れてしまいます。事実、美容室の約6割は1年で倒産しています。

さらに、個の時代に突入した時にあなたが雇用した美容師も自分でInstagramなどを使い顧客を獲得し早々に退職してしまうかもしれません。

それであれば、その貯金を活用して自己投資をした方が良い。と考えることもできます。では、何をすれば良いのか?具体的には次章でお伝えさせていただきます。

美容師が「個」の時代に向けて今やるべき3つのこと

美容師個人の魅力をどう増やし伝えていくのか?これからの未来を生き抜くために必要な3つのことをお伝えさせて頂きます。

SNSで自己の発信力を強化する

SNSは単純にフォロワーだけが増えても意味がありません。

あなたの投稿に対してリアクションをしてくれるユーザーがどれだけいるのか?更には実際に来店してくれる人はどのくらいなのか?投稿だけでなく数字を分析し優良なファンを作ることが大切です。

当然ながら、1日2日でファンが作れる訳ではありませんので早い段階から取り組むことが重要なのですが、その際、コンテンツ作り(投稿内容)において重要なのは「型化」です。

同じフォーマットでコンテンツを作ることで、制作時間を削減するだけでなく、これを見たい!というファンを作ることが可能になります。

一例をご紹介したいと思います。

美容師の大月さんのTwitterになりますが、ビフォーアフターの動画だけでなく「wow」を提供できる点が非常に素晴らしいと思います。男性にターゲットを絞り変化したいと思う男子には突き刺さるコンテンツと言えるでしょう。

上記のように、ターゲットを決め、どのようなwowを提供するのか?を考えていく。数字を見ながらPDCAを回す。これを繰り返すことで次第にファンは増えていきます。

鮮度の高い情報を発信できるようにする

個で活躍するようになった場合、鮮度の高い情報をいかにして入手するかも重要な問題になります。

最近では資生堂が酸熱トリートメントの新しいラインを発売しましたが、どのように使うと、どう効果を得られるのか?など継続的なインプットとアウトプットを繰り返す必要があるのです。

その点、個人で活躍する美容師であればどの薬剤を使用するかは完全自由になりますので、積極的に新しい薬剤を使用し情報を発信することで他の美容師と差別化することが可能です。

さらに、情報発信を続けていると、顧客の獲得だけでなく同じように技術に対して真剣に考えている美容師のネットワークが構築されるようになります。これによって、あなたの知らない知識も自然と集まるようになりプラスの連鎖が働くようになるでしょう。

まずは個人で10万円を稼いでみる

Instagramや薬剤などの情報を発信し自己ブランディングを強化していると、あなたに「カットしてほしい」などのDMが届くようになります。

そこで、シェアサロンなどを活用し副業をしてみましょう。スタート時の目標は10万円で十分です。1客1万円であれば10客施述すれば目標は達成します。

「10万円程度であれば出来そうだけどそれでは生活が出来ない」と思う美容師もいると思いますが、副業でOKです!そして、ここでのポイントは「自分で稼ぐ経験を積む」ということです。

初めは10万円でも次月には20万円、30万円と増えていくでしょう。気が付けば月給を超えていることだと思います。この経験こそが、「個」で活躍するための重要な評価基準になるのです。

美容室の力ではなく個人で売上を作り、自分の給料以上の金額を生み出すことができた。という経験を積むことで、従来の型にはまった美容師から一歩抜け出すきっかけになるのです。

美容室という箱は所有ではなく共有する時代になる

美容師が個の時代に突入した場合、美容室という箱自体も所有から共有するものへと変わっていきます。なぜなら、個人に魅力があるので、シェアサロンという場所させあればそこにお客様が集まるようになるからです。

更に言えば、借金を作って美容室という箱を作るメリットが何もない。という話もあります。箱を作っても、新米美容師の踏み台に使われるだけで、成長すれば次々に独立していくだけ。ということです。

「そんな話、何十年先だよ!」というツッコミもあると思いますが、時代の変化。というのは一瞬でもあります。数年前までInstagramなど誰も使っていなかったことを考えれば納得もしていただけるでしょう。

SALOWINは業界最高水準のバック率

当社は、ここまでお伝えしてきた美容師の変化を促進させ「美容師の所得向上と労働環境の改善」に注力したシェアサロン事業「SALOWIN」を展開しております。

スタンダードプランでは、技術売上20%+固定料金5万円でシェアサロンが使えます。その他にも集客支援が付いたブーストプランや時間単位で利用できるスポットプランなど様々な利用プランを提供しています。

もちろん、無料で集客ノウハウの提供、機材類一式完備、24時間利用可能。などすぐにでもお客様に入客できる環境が整っています。

はっきり言えば、当社の利益は非常に薄利ですが、それでも美容業界を変えるべく立ち上げたシェアサロンになりますので、興味がある人は気軽に問い合わせを頂ければと思います。

シェアサロンの利用プランの比較は「シェアサロンとは?美容師視点のメリット・デメリットを徹底分析」にて詳細を記載してますので合わせてご確認ください。また、SALOWINへの問い合わせは「こちら」より可能です。

まとめ

美容師は個が活躍する時代に変わることは間違いないでしょう。実際、Instagramのフォロワー数が多い美容師が月に200万円以上もの売上を作るケースも出てきています。

大きな時代な変化に乗り遅れることなく波に乗った美容師が将来的にも活躍することになるでしょう。そのためにも、これまでの型を破り挑戦することが重要になります。

SALOWINでは、美容師のブランディングなど個が活躍するためのバックアップ体制を整えておりますので、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。

SALOWIN利用希望の方はこちら

SALOWIN社長阿部

個室型シェアサロン「SALOWIN」を展開しています。現在、原宿・表参道・池袋・渋谷・銀座などに店舗がございますので、ご利用希望の方はお問合せください。

  • SALOWIN利用料:固定費5万円+売上20%

詳しいお問合せは以下よりご連絡をお願いします。