シェアサロンとは?美容師視点のメリット・デメリットを徹底分析

シェアサロン


「シェアサロンって何?」「本当に稼げるの?」「業務委託サロンと何が違うの?」などなどシェアサロンというものに対して疑問を感じる美容師さんも少なくないでしょう。

結論を先にお伝えすれば、「今、休みもないし給料も低い…」と悩んでいる美容師さんには非常におすすめが出来るのではないかと思っています。

とは言え、シェアサロンが本当に自分に合うのか?不安も大きいと思いますので、本記事ではシェアサロンのメリットとデメリットを包み隠さずご紹介をしたいと思います。

>シェアサロンの疑問をLINEで相談する|SALOWIN公式LINE

シェアサロンとは?

そもそもシェアサロンとは何か?これについては、業界関係者が各々の立場で見解を述べていると思いますが、結論、美容室の1席を使って独立開業すること。と理解するのが最も分かりやすいと思います。

では、もう少しシェアサロンについて深掘りしてみましょう。

既にある美容室の1席を借りる

シェアサロンは文字通り、シェアして使うサロンになりますので、既にある美容室から1席以上を借りる契約のことを言います。

全ての席がシェア用として確保してあり契約できるのがシェアサロン。美容室の空き席の一部をレンタルするのが面貸しと理解すると違いが分かりやすいでしょう。

では、なぜ、わざわざ既にある美容室の1席をレンタルする必要があるのか?自分でサロンを作った方が好きなように出来るではないか。と考える美容師さんもいると思いますが、結論、「低リスクだから」という理由に集約されます。

シェアサロンの場合は、美容室の新規開業時に発生する不動産会社への「保証金」や内装会社に支払う「内装投資」が発生せずに利用料金だけを支払えばすぐに入居できるという点が挙げられます。

近年の美容室の閉店件数は1年間で「約6割」が潰れる状況を考えると非常に合理的なシステムである。と言えますし、わざわざ借金を作ってまで独立する必要がないことから非常に低リスクと言えるでしょう。

雇用契約は業務委託サロンと同じ

シェアサロンや業務委託サロンなど美容業界では呼び名が異なっているため、ややこしいと言えますが、両方ともフリーランス美容師と呼ばれる個人事業主ということになります。

もちろん、法人登記している美容師さんであれば法人契約になります。

個人的には、業務委託も面貸しもシェアサロンも個人事業主なのだから、ひとまとめに「フリーランス美容師」と呼べば良いんじゃないかな?と思ったりするのですが、雇用契約ではない点に違いがあることから呼び名を分けていると言えます。

シェアサロン(面貸し)と業務委託サロンの違い

では、シェアサロン(面貸し)と業務委託サロンの違いについて比較してみましょう。

契約形態 シェアサロン (面貸し) 業務委託
集客 個人集客 サロンが集客
薬剤 個人手配 サロンが用意
メニュー設定 自由 サロンが決定
顧客責任 個人 サロン
社会保障の有無 共にフリーランスとして国民健康保険や国民年金に加入する(厚生年金には加入できない)
確定申告の有無 共に必要

上記のように、シェアサロンは集客や薬剤が美容師の個人負担になります。一方、業務委託サロンは、美容室の顧客業務を委託する契約になりますので、集客や薬剤は美容室側が負担することになるのです。

>シェアサロンの疑問をLINEで相談する|SALOWIN公式LINE

シェアサロンのメリットとデメリットを比較

では、シェアサロンにはどのようなメリットやデメリットがあるのか?比較してみたいと思います。

メリット デメリット
手取り収入額が高い 自分で集客する必要がある
自由な働き方が実現する 薬剤も自分で仕入れする
低リスクで独立ができる 将来への不安が払拭できない

メリット1.手取り収入額が高い

シェアサロンの利用料金は、「月額固定利用料」「固定+歩合料」「時間料」のいづれかを採用しているサロンが多いと言えます。

シェアサロンの料金相場

  • 月額固定利用料:12万〜25万円
  • 固定+歩合料:固定(2万円〜5万円)+歩合65%〜80%
  • 時間料:平日750円/30分・土日祝1200円/30分

上記の金額に加えて、初期費用として1万円程度の事務手数料が発生するシェアサロンも多いのですが、正社員サロンや業務委託サロンよりも高歩合で理論年収が上がるように設計されているケースが多いと言えるでしょう。

メリット2.自由な働き方が実現する

シェアサロンの場合、いつ休もうが何時間働こうが完全自由なのです。

そのため、これまでの美容室で長時間労働に疲弊してしまった美容師さんでも自分のペースで働くことができますし、副業美容師や休眠美容師の方など時間的な制限を受けるような方でも誰でも気軽に利用できる点はメリットであると言えるでしょう。

一方、業務委託サロンの場合、美容室が雇い主になりますので、自由出勤という求人があったとしても実質は最低出勤日数や勤務時間が設定されているケースも少なくないでしょう。

メリット3.低リスクで独立ができる

シェアサロンで働く最大の理由とも言えるのがリスクが低い。という点でしょう。

美容師であれば将来は自分のサロンを持ちたい。と誰もが一度や二度は考えることですが、実際にオープンに必要な資金を計算すると1000万〜2000万円程度は準備する必要があります。

当然、大半の人が日本政策金融公庫などから借り入れをして開業するのですが、要は借金を背負うということです。また、運転資金としてスタッフの人件費や賃料も毎月発生します。

さらに、全国24万店舗の美容室が競合になります。人口が減り続けることを考えれば今後の競争はさらに激しくなるでしょう。

実際、1年間で約6割の美容室が閉店している状況を考えた時に、仮に倒産してしまうと借金だけが残る状態になってしまうのです。(物件契約時に連帯保証人が必須です。もし倒産してあなたが自己破産をした場合、その借金の請求が連帯保証人されることになりますのでその点も十分に注意が必要です)

技術が優れているだけでは生き残るのが難しい昨今の状況を鑑みても、低リスクで高収入を目指せるシェアサロンの方が今の時代には合っていると言えるでしょう。

デメリット1.自分で集客する必要がある

シェアサロンで働くということは、独立することと同一であるため、自分のお客様は自分で集客する必要があります。

一般的なサロンではあれば、ホットペッパービュティーなどを活用し多くのお客様がサロンに来店していたことでしょうが、美容師1人でホットペッパービュティーの広告費を賄うことは難しいと言えます。

そのため、新規集客に関しては、minimo(ミニモ)やrequpo(リクポ)など比較的安い集客媒体を活用する方法やInstagramなどのSNSを駆使して自己ブランディングしていくことが非常に重要になります。

その際、「自分には固定客がたくさんいるので新規客を受付する暇もないし不要」という強気の美容師さんは要注意かもしれません。美容業だけに限らず、どのサービスでも一定の割合で離脱(サロンに行かなくなる)するものです。

そのため、新規集客を疎かにしていると徐々に客数が減少してしまいます。さらに、客数が減ってから慌ててInstagramを始めたとしても昔からコツコツとフォロワーを増やしていた美容師さんとは圧倒的な差が生まれているものです。

SALOWINの集客支援

集客に心配がある美容師さんでもご安心頂けるように、当社がホットペッパービュティーへ掲載し送客することも可能です。また、MEO支援やInstagramの運用支援なども提供していますのでまずはご相談を頂ければと思います。

デメリット2.薬剤も自分で仕入れする

薬剤の自己仕入れはメリットでもありデメリットでもあると言えるでしょう。

好きな薬剤を仕入れできるメリットはありますが、商材を取り扱うディラーの開拓も必要ですし、そもそも1人の美容師が発注する薬剤量は非常に少ないことから仕入単価が高くなりやすいと言えます。

そのため、シェアサロンを契約する際は、ディラーと提携をしておりサロン側が仕入れした金額とほぼ同価格くらいで購入できるシェアサロンを見つけるのも利益率を上げるためには重要と言えます。

SALOWINの薬剤支援

シャンプー・トリートメントは無料でお使い頂けます。また、ディラーと提携しており卸値(ディラーからの仕入値)で薬剤を購入することが可能になりますのでディラー開拓など面倒な手続きは不要です。

もちろん、ワゴン・タオル・ロッド・ドライヤーなどの備品関係については全て取り揃えており無料でお使い頂くことが可能になります。

デメリット3.将来への不安が払拭できない

集客面でお伝えしたように、新規客の集客を甘く見ていると将来的に収益が右肩下がりの状態になってしまいます。また、1人オーナーですので体を壊したらそこで収入はゼロという状況から将来に対して不安を覚える方も少なくないでしょう。

仮に体は元気だったとしても美容師としての寿命は40歳まで。と言われていたりもします。要は、いつまでも現役として現場に立ち続けることは様々な面で難しい。ということでしょう。

このような場合に、将来のキャリア支援が出来ない場所貸しだけのシェアサロンは、行き詰まりが起きてしまいますので利用する際は慎重に判断をした方が良いでしょう。

SALOWINのキャリア支援

シェアサロンの契約だけでなくFCオーナーとしてシェアサロンの運営を行うことが可能です。SALOWINの場合は、24時間営業が可能なビルに出店をしていますが、オーナーが24時間365日付きっ切りでなくても運営ができるシステムを導入しています。

また、利用する美容師さんも個々が独立した人たちなのでマネージメントをするのではなく、働きやすい環境をどのように提供するのか?という点が重視されます。

要は、従来の美容室オーナーというよりも不動産投資に近い形になります。大きな手間が掛からないという点から、現役時代からシェアサロンオーナーになり収入を分散させリスク対策をしていただくことを推奨しております。

シェアサロン各社の手取り額をシミュレーション

ここまで、シェアサロンの特徴やメリットデメリットについてお伝えをしてきましたが、実際にいくらの収入になるのか気になる方が非常に多いことだと思います。

そこで、シェアサロンとして有名な5社の利用プランから手取り額をシミュレーションしたいと思います。

シェアサロン5社の料金プランを比較

シェアサロン名 利用プラン
SALOWIN 月額5万円+売上歩合20%
THE SALONS 月額29万円〜
GO TODAY SHAiRE SALONS 月額5万円+売上歩合25%/月額3万+売上歩合30%
FBeauty 月額問い合わせ+100時間券10万円(通常価格)
Mirrorball 月額5万円+売上歩合25%(個室利用時)

上記が基本料金になりますが、各所ともに薬剤費は自己負担になりますのでシミュレーションからは除外したいと思います。また、シェアサロン自体は他にもいくつかありますが、上記の5社は立地が良く内装もしっかりしていることから比較対象として選出をさせて頂きました。

*FBeautyさんの料金詳細はブース等により価格が異なることから、試算からは除外させていただきます。

売上高 美容師の収入額
SALOWIN THE SALONS GTSS|歩合25% GTSS|歩合30% Mirrorball
100,000 30,000 -190,000 25,000 40,000 25,000
200,000 110,000 -90,000 100,000 110,000 100,000
300,000 190,000 10,000 175,000 180,000 175,000
400,000 270,000 110,000 250,000 250,000 250,000
500,000 350,000 210,000 325,000 320,000 325,000
600,000 430,000 310,000 400,000 390,000 400,000
700,000 510,000 410,000 475,000 460,000 475,000
800,000 590,000 510,000 550,000 530,000 550,000
900,000 670,000 610,000 625,000 600,000 625,000
1,000,000 750,000 710,000 700,000 670,000 700,000
1,100,000 830,000 810,000 775,000 740,000 775,000
1,200,000 910,000 910,000 850,000 810,000 850,000
1,300,000 990,000 1,010,000 925,000 880,000 925,000
1,400,000 1,070,000 1,110,000 1,000,000 950,000 1,000,000
1,500,000 1,150,000 1,210,000 1,075,000 1,020,000 1,075,000

上記の通り、売上10万円〜120万円までは「SALOWIN」がもっとも手取り額を増やすことが可能と言えるでしょう。難易度は上がりますが、売上130万円を超える場合はTHE SALONSさんが定額料金でどんどん手取り額が増える計算です。

>シェアサロンの疑問をLINEで相談する|SALOWIN公式LINE

シェアサロン各社の初期費用を比較

では、入居時に発生する初期費用についても比較してみましょう。

SALOWIN 初期費用完全無料+売上申告前払い制度あり(利用初月のみ)
THE SALONS 前家賃3ヶ月+後家賃3ヶ月分の合計6ヶ月分
GTSS 1万円
FBeauty 記載なし
Mirrorball 1万円

THE SALONSさんは、前家賃3ヶ月分+後家賃3ヶ月分を事前に納める必要がありますので、仮に月額賃料が29万円とする場合は、174万円ほど準備しておく必要があります。(他にも薬剤などを購入するでしょうから費用はもっと必要ですね)

売上も130万円以上出さないと他のシェアサロンよりも割高になってしまうことを考えると、リアルに2席程度の美容室を開業する感覚に近いと言えます。(実際モール型と言ってますのでそうゆうことでしょうね。)

一方、SALOWINの場合は、「売上申告前払い」を提供しています。これは何か?と言うと、利用開始初月に見込める売上を事前に申告頂ければその金額を全額先に払います!というプランです。

要は、働く前にお金が貰えるのです。

なぜ、このようなプランを提供しているのか?という理由は、至ってシンプルで、せっかくお客様が呼べるのに薬剤などの諸々のコストを支払ってしまうと生活に支障が出てしまいシェアサロンで働けない。一歩踏み出せない。という方を1人でも減らしたい。という想いからです。

その他にもSALOWINでは様々な支援制度を提供しておりますのでぜひお問い合わせを頂ければと思います。

>シェアサロンの疑問をLINEで相談する|SALOWIN公式LINE

まとめ

シェアサロンの特徴からメリットデメリットについて解説をさせて頂きました。

正社員・業務委託・シェアサロンそれぞれにメリットもデメリットも介在していることは間違いないでしょう。その上で、シェアサロンで働く。ということは、支援制度があったとしても自分自身が独立する心構えをしっかりと持つことが重要です。

当社は美容師の所得向上と労働環境改善をミッションにシェアサロンを展開していきますので、将来について少しでもお悩みがあればいつでも気軽にご相談を頂ければと思います。

SALOWIN利用希望の方はこちら

SALOWIN社長阿部

直営店舗である個室型シェアサロン「SALOWIN」と全国の美容室様と提携し1席をシェアサロンとしてご利用できる「SALOWIN LINKS」の2つのサービスをご提供しています。

  • SALOWIN直営店舗:原宿・表参道・池袋(利用料:固定費5万円+売上20%)
  • SALOWIN LINKS:全国の美容室(利用料:固定費ゼロ+売上30%)

詳しいお問合せは以下よりご連絡をお願いします。

また、オーナー様向けプランとして、空いている席を当社にお貸出し頂くことで、当社登録のフリーランス美容師が席を使用し収益させるプランもご用意しております。

オーナー様向けプランの詳しいお問合せは以下よりご連絡をお願いします。